私服裸足JK目撃談

2024年7月7日(日曜日)

No.65004 日曜日の図書館にて

梅雨時期だというのに真夏以上に真夏の気温だった一日、図書館で勉強しているJKたちもすっかり素足に。そんな彼女たちの中には、リラックスするため靴を脱ぐ子も多く、今日も3人のJK足裏を拝むことができた。

一人目はポニーテールが可愛い女の子。服装は白のTシャツにカーキ色のズボン。足元はビルケンシュトックのサンダルだった。しばらくするとサンダルを脱いで、足指を器用に使ってサンダルをくるくる回し始めた。ビルケンのサンダルは、インソールに足汗が染みこみやすいのだが、この子のインソールもそんなご多分に漏れず、足指の形が茶色くくっきりと染みついていた。可愛い顔をしていても、足裏の新陳代謝は激しいのだろう。

足元の動きはサンダル回しだけでなく、そのサンダルの上で内曲げ、外曲げのスタイルになることもあった。こうなると今度は裸足の足裏がバッチリ見えるようになる。全体的な体系は標準くらいだが、足裏に限ってみると結構ぽっちゃりした感じ。土踏まずもそんなに深くは無いようだった。

途中、昼食に抜けていたが戻ってくるとすぐにサンダルを脱ぎ、足での弄び再開。午前中に比べ、足裏が少ししっとりしているように見えたのは気のせいだろうか。

二人目の子もまた、サンダルを脱いで上乗せ後組み。足を高く掲げるような後組みの姿勢だったので、その足裏は後方から丸見えである。JKらしく傷や変形の無いスベスベの足裏、色はほんのりオレンジ色といった感じ。ときどき親指を動かすのがなんともいえずセクシーだった。

三人目の子はシルバーのスポーツサンダル履き。今日見た三人の子のサンダルはいずれもかかと部分の固定がないもので、このタイプだとちょっとの動きでサンダルが脱げ落ちてしまうので裸足の足裏が見られる可能性大なのだ。

この子はもう、足をじっとさせていることがほとんどないくらいに、サンダルの上で内曲げ、外曲げ、後組みの連続。そして足指を使ってサンダルを持ち上げたり、片足のかかと部分に反対の足の指を載せて指をストレッチするような仕草も見られた。

ちなみに彼女の髪型は黒髪を一つに束ねたような清楚な感じだったのだが、足の爪には銀色のペディキュアがしっかり施されており、まさに「おしゃれは足元から」を実践しているような感じだった。

2024年7月6日(土曜日)

No.65003 土曜日の図書館にて

先週までは期末試験期間だったのか図書館も大混雑だったが、今週はだいぶ落ち着いた雰囲気になっていた。そのような中でも、夏休み前の勉強に来ているJKは何人もおり、猛暑のおり素足サンダルの子もいた。

最初に注目したのはウェッジソールのサンダルを履いた子。後組みのスタイルになることが多かったのだが、かかと部分の固定ベルトがないので、そうなるたびに重力に従ってサンダルは「パタン」と音を立てて落下してしまい、裸足の足裏が丸見えになっていた。足裏は小さ目の可愛らしい感じだったのが印象的。

さらに、別のフロアに移動するとそこにもサンダル履きのJK。こちらの子はゴム製のフラットなサンダルでやはりかかと部分の固定は無し。足の甲の部分には黒のリボンがあしらわれた可愛いサンダルだった。

この手のサンダルの場合、後組みのスタイルになるとサンダルがずり落ちてしまうことが多いのだが、この子の場合もご多分に漏れずそのようになり、裸足の足裏が丸見え。その裸足のまま足指を丸めたり伸ばしたりしていた。丸めたときに足裏にできるシワも可愛いし、伸ばした時に強調される土踏まずのアーチも美しい。そして何より少し赤みがかった足裏はいかにも「蒸れてます」という感じで足フェチの心がくすぐられる。

足のサイズは24~24.5cmといったところか。ペディキュアの施されていない足指もまた、JKらしい清楚な感じで好感が持てた。途中一回、サンダルを自分の足元に置き去りにしたままタイルの上に裸足の足を直付けしての後組みがあったシーンが、norimaki的には一番の見どころだったように思う。

2024年6月30日(日曜日)

No.65002 日曜日の図書館にて

市内にある中央図書館の自習室に行くと、JC2人組が勉強中だった。このうち1人はスニーカー履きだったがもう1人は素足に白のゴム製サンダル。Norimakiの注目も当然素足の子。その子の髪型はポニーテール、結わえている茶色のリボンが可愛い。服装は白の半そでポロシャツに下は黒のスカート。地学の問題集に集中しているようで、カリカリとシャープペンを走らせる音だけが響いている。サンダルはベルト固定の無いものだったので、いかにも裸足になりやすようなものなのだが、最初のうちはなかなかサンダルを脱ぐことが無かった。サンダルの隙間から見える足指は、比較的がっしりした感じ(床に落ちたペンとかをわしづかみにできそうな印象)。

しばらくすると、ふいにサンダルを脱いで接地内曲げのスタイルに。細身の足裏にできたシワが良い感じだったのだが、しばらくするとサンダルを履いてしまった。この脱ぎ→履きが何回か繰り返されたのだが、次の見どころは、彼女が片足を椅子の上に乗せてあぐらのようなスタイルになった時だった。このとき、足裏がちょうどnorimakiの視線の先に来るような感じになったのだ。最初、サンダル履きの足指を見たときはがっしりした印象を受けたのだが、足裏側から見る足指は、コロコロとしていて可愛らしい感じだった。同じ足でも甲側から見るのと裏側から見るのではだいぶ印象が変わるものだと思った。そして足裏自身も、傷や変形の無い、文字通りすべすべのものだった。

さて、次のターゲットは別のフロアにいたJK。こちらも2人組で2人とも素足サンダル履きだったが、注目したのはそのうちの一人、靴脱ぎをしている子のほう。その子は長い髪をお下げに結び、服装は白のパーカーに黒のズボン。足元はというと履いていたサンダルはすでに脱いでいて、裸足の足を床に直付けしての内曲げ、外曲げ、後組み。後組みのとき、足首を回しているので、足裏にもシワができたり消えたりでいい動きだ。そして足指をクネクネ動かしているのもなんともいやらしい。足は程よい肉付きで平均的なJKの足、という感じ。

この子は最初の子と違い、時々サンダルの上に足を載せることもあるものの、半数の時間は床に直付けだったので足裏も十分に堪能できた。この図書館は床が絨毯引きなので、板張りやタイル張りに比べ、裸足の足を付けることへの抵抗が少ないのだろう。まあ、床に落ちているゴミや埃の数は変わらないと思うので、それらのもので彼女たちの可愛い足裏が徐々に汚されていく、ということを想像するのも裸足フェチ的には堪らない。

さて、このフロアにはもう一人、やはり裸足で勉強中のJKがいた。その子もロングの髪を後ろで結わえている。足元はというと、履いていたであろう靴(黒のサンダルのように見えた)を、自身の椅子脇に追いやって、やはり床に直付けで後組み。このサンダルの位置だと、足置きに使うことはできないので、帰るまでずっと裸足の足を絨毯の上に直付けすることを選んだようだ。絨毯の肌触りが足裏に刺激を与えることにリラックス効果があり勉強がはかどるのだろう。足裏が汚れるとかいうことは気にならないようだ。

その後も内曲げ姿勢になったり、足裏全体を床にべったりつけたり、もう勉強時間中オール裸足だったので見どころ重文という感じ。いわゆるエジプト型の足裏で、ペディキュアが施されていない、清楚でまじめなJKの足裏、という感じで好感が持てた。

初夏+期末試験の期間ということもあってか、3人もの裸足のJCJKを間近で見ることができた、収穫の多い一日だった。

2024年6月29日(土曜日)

No.65001 土曜日の図書館にて

テスト期間中の図書館は、朝から試験勉強の高校生たちでにぎわっていた。その中で、今日の注目は私服JK2人組。一人(Aちゃん)はポニーテールをひとまとめにしたような髪型、服装は白のTシャツに黒のズボン、そして足元は素足にスポーツサンダル履き、もう一人(Bちゃん)は白のスニーカー履き。norimakiの注目は当然素足のAちゃんのほう。

しばらくするとAちゃん、履いていたスポーツサンダルのベルトを緩め足をリラックス。最初のうちはきちんと履いていたけど、そのうち徐々にサンダルの外に足が出てくる感じに。そしてまた元に戻ってきちんと履いて、みたいなことをしばらく繰り返していたが、そのうち唐突にサンダルを全脱ぎし、椅子の脚に自分の足指の股(人差し指と中指の間)を挟んだり、そのまま床に直付けで内曲げになったり。それでまた履き直して、今度は半脱ぎからの後組み。そのまま重力に従ってサンダルが落ちてしまい、裸足の足裏が丸見えに。若干偏平足気味ではあったが、ペディキュアも塗られていない、清楚な足裏、という感じ(サイズは25cmくらいか、少し大きめの印象)。

ただ、足裏丸見えの時間は短く、再びサンダルを履いてしまったので、この時点ではあまり長い時間の足裏観察は期待していなかったのだが、この後まさかの展開が訪れた。

というのも、足を前に伸ばしたAちゃん、サンダルの片方がBちゃんのスニーカーに接触してしまった。するとBちゃん、自分の左右のスニーカーで、半脱ぎになっていたAちゃんの右足のサンダルを挟むと、そのまま自分の椅子の下に引きずり込んでしまった。この位置だと、Aちゃんがどんなに足を伸ばしても自分のサンダルを取り戻すことはできない。さらにBちゃん、左足のサンダルも挟むと、Aちゃんの足から強引に引きはがし、やはり自分の足元へ。そして自分のスニーカーをAちゃんの裸足の足先にぶつけるような仕草。

その時の二人の会話は以下のような感じだった。
A:ハダシになっちゃった。
B:あんたのサンダル汚いよ。
A:Bちゃんの靴のほうが汚いし。
B:Aちゃんの足クサくない?
A:クサくないし!

こういういたずらをした場合、しばらくすると奪ったサンダルを返すものだと思うのだが、Bちゃんにはそのそぶりはない。Aちゃんのほうもサンダルを取り返すのをあきらめてしまったようで、この先Aちゃんは完全裸足で勉強を続けることになってしまった。

最初のうちこそ、床のタイルに足をつけないよう、空中でブラブラさせていたのだが、そのうち気にならなくなったのか、タイルの上に裸足の足を直付けし、後組み。その足裏とともに、指をくねくね動かしている仕草までもnorimakiのところから丸見えである。さらに内曲げになったり、椅子の上であぐらをかいたり。椅子の上あぐらのシーンでは、コロコロと丸く可愛い足指が視界に入ってくる。結局、昼の休憩までサンダルを返してもらえなかったので、午前中まるまるJK裸足の足裏を堪能することができた。



関連記事はこちらです

トップページに戻ります